𠮷原でおっぱい祭りが開催された件

関東風俗






なぜ、男たちは女性のおっぱいに群がるのか。
なぜ、女性のおっぱいはこうも魅力的なのか。

森羅万象、あらゆることが解明されている現代において、おっぱいの謎だけは今だ未知である。

byゆきひろ





【今回指名した人気嬢↓】



【完結】に言うと、

  • 大きさ
  • 垂れ具合
  • 熟熟しさ

これらのバランスが抜群に取れており、
おそらく吉原一、嫌、日本でも有数
芸術的なオッパイの持ち主、

それが、ふじの嬢である。

では以下、レポご覧ください。



𠮷原一の熟巨乳にいたぶられたプレー



ボーイ『ゆきひろ様、ご案内になります。』

ボーイに促され、待合室を出る。
待合室から廊下を出てすぐ、今回のふじの嬢が笑顔で迎えてくれた。

同店は、パネマジは少ないものの、かなり明るい照明をあてて撮影するので、実際は高齢嬢が出てくることも少なくないが、ふじの嬢に関しては全然そんなことなかった。

ほぼパネル通り。
ツイッターでも多くの写真上げてるが、ほぼそのまま。

実年齢は40歳か、もうちょっとって感じかな?

『初めまして、来てくれてありがとうございます。』

笑顔で丁寧にあいさつをしてくれる彼女。

『どうぞ、こちらになります。』

白っぽいワンピースで迎えてくれた彼女に腕組みされ、部屋へと向かう。

廊下や階段、
常に腕組みされながら、密着して部屋へ向かう訳だが、
要所要所で僕の腕が彼女の胸に当たる。

柔らかい。

彼女は、それでもお構いなしに腕組みをしてくる。
嫌、むしろ僕の腕が彼女の胸に当たる度、さらに僕の腕を自身の体に引き付けながら、密着してくると言っても良いくらい。



部屋への道中はおよそ2分くらいであったが、
その間、常に芸術的なオッパイの感触を腕で堪能し、
更に熟熟しいボリュームのあるお尻を手で触り、

部屋に到着するころには勃起していた。

『こちらのお部屋です。どうぞお入りください。』

𠮷原あるあるだが、
《人気の嬢は部屋が奥にありがち。》

多分に漏れず、ふじの嬢の部屋も最上階?の一番奥であった。



勃起した僕をベットへ促し、改めて挨拶される。


『お越し頂き、ありがとうございます。
 よろしくお願いします。』

挨拶されるだけで、更に勃起である。



挨拶も早々に、ベットに座った僕に抱き着いてきて、キスをする。

『舌先チロチロキス』
彼女が舌先を僕の口に入れてくる。

最初は少し遠慮がちに。
徐々に求め合うようなディープなキスに。

キスをしながら、
彼女は僕の手を取り、自身の胸へと僕の手を誘導する。

柔らかい。
そして大きい。

お互い、舌先を絡ませながら、

手から伝わる彼女の体温。

2分、3分と、

長く、熱く、深いキスを、
彼女は続けてくれた。

僕の下半身は完全に膨張している。

キスをしながら、僕の服を丁寧に脱がしてくれる。

ベットに腰掛けている僕のシャツから順番に、丁寧に、
彼女が脱がせてくださった。

そして彼女も下着姿に。

サルートだった。

《サルート×巨乳》
は、この世の至高であることは言うまでもない。



改めてキス。
彼女が手で僕の股間を、タオルの上からまさぐってくる。

『おっぱい好きなんですか?』

耳元でささやかれながら、自身の胸を僕の顔に押し当ててくる。
まさに埋もれるとはこのこと。

胸に埋もれながら、必死に呼吸し、少し大きめなハッキリとした形の乳首にもしゃぶり付く。

彼女の胸は、Gカップ表記だが、本当にボリュームがある。もっと大きいんじゃないかな。実際は。

彼女の愛撫は乳首から、フェラへ。


即尺である。


即尺は、今まで幾度も味わってきているが、
何度味わっても飽きることはない。

洗っていない男性器を女性が口で愛撫するという背徳感と、これから始まることへの期待感と緊張感。

全身がゾクゾクするほどに、気持ちいい。



彼女は優しく僕のチンポを口で咥えながら、手で乳首を愛撫。
すでにギンギンの僕のチンポを愛おしそうに、舐めまわす。

彼女の性格なのか、フェラは非常に丁寧。
ゆっくり丁寧に、時間をかけて。
横から縦からチンポのあらゆる角度から僕のチンポを刺激し、カリをパクっと咥えるのが得に気持ちいい。

フェラの最中も、僕の手を取り、自分の胸へと促す。
彼女の気遣いを感じる。

『ベットに横になりますか?』

横になった僕にまたがってくる彼女。
ギンギンになったチンポを手にとり、ゆっくりと挿入する。

ヌプ、
ヌプヌプ、

ゆっくりと、亀頭から順番に。
すでに湿っているふじの嬢の中に、僕のチンポが生で入ってゆく。

彼女の膣は、その年齢からは想像もできないほど締まりが良く、僕のギンギンのチンポを押し返すほどに締め付けてくる。

僕にまたがり、大きく開脚しながら、ゆっくりとピストンしてゆく彼女。

僕が少しでも彼女のおっぱいから手を放すと、一々僕の手を取り、自身のおっぱいへと誘導する。

『ア、アッ、すごい大きい。気持ちいい。』

芸術的な巨乳をゆっさゆっさと揺らしながら、僕の上で乱れる彼女。
自らチンポを膣奥へと押し当て、膣で締め付ける。

ピストンが続く度、彼女の膣内は更にヌルヌルになってゆく。

『ア、気持ちいい。イっちゃいそう。
中でイってね。中に…ちょうだい。』

いやというほど、彼女の巨乳を揉みながら、
止まることない彼女のピストン。
僕のチンポは彼女の中で膨張し、それを彼女の膣が締め付ける。

我慢が限界に達っし、

彼女との約束通り、

大量の精子を、彼女の膣内へ射精した。



射精後も、挿入したまま、しばらくお互いの体を密着させた状態で抱き合い、
ふじのさんの膣の感覚を味わう。

ふじのさんの膣内は、余韻でビクつきながら僕の精子を1滴残らず搾り取る。



『気持ち良かった?中にいっぱい出ちゃいましったね。』

そんなことを言われつつ、1回目のプレーは終了。
本当は正常位も味わいたかったが、そこまで我慢できないくらい、彼女とのプレーは最高に気持ちいいものだった。

ここまで20分くらい。


『お風呂準備するんで、少し待っててください。』

泡とか椅子とか、浴室の準備を進める。

一通り体を洗ってもらい、混浴。
潜望鏡とかも一通りやってもらう。

マットは好きではないのでキャンセル。

飲み物頂きたかったので、彼女に問うと、
部屋に準備してあったクーラーボックスからドリンク取り出す。

コロナの関係で、こういった運用を行ってるらしい。

飲み物を頂き、一服し、程よいところで彼女から2回戦のお誘いが。



再度巨乳を味わい、今度は正常位で挿入。

彼女のブルンブルン震える巨乳を揉みしだき、
夢中でピストン。
手に収まらないくらいの巨乳は本当にいつまでも揉んでいたい。

んで、また中に射精。

気持ちイイ。



最後にまた体を洗ってもらい、退室となった。



総評

何度も書いたが、彼女の最大の特徴は『芸術的な巨乳』
大きいだけではなく、ボリュームがすごくて、美しく垂れている。

彼女もそれを理解しており、プレー中、常に胸を揉んでもらうように促したり、僕の顔や体に押し当てて、巨乳を味わってもらうような配慮をしている。

ツイッターでつぶやいてたが、1日のプレー人数も制限し、1人1人のお客様にちゃんとした接客が提供できるように配慮してるみたいだね。

全体的な容姿のレベルで言えば60~70点って感じだけど、身なりも綺麗にしてるし、全然満足かな。



マイナス点を挙げるとすれば、
『お仕事』をしすぎ系な嬢ってところかな。

・騎乗位してる時は、彼女優位で、僕の好きなように体位変更させてくれない。
・お風呂も自由に入りたい系の僕に対して、彼女はフルサポートしたがりすぎ。
・膣でチンポ締め付けるのをやりすぎ。

って感じ。

まあお仕事してもらいたい方にとっては良いけど、自由気まま系の方はプレーはあわないかなと感じました。



お店に関して

熟女専門店。

𠮷原の中でも比較的リーズナブルに遊べてオススメです。

【営業時間】9:00~24:00
【住所】東京都台東区千束4-41-10
【電話】03-3873-4020

※11:30まで案内の客への割引があり、午前中に行くとお得です。

※夜21時以降、フリー割もあり。

※僕が行った時は、コロナの関係で送迎は行ってなかったらしい。
送迎希望の方は店に問い合わせてほしい。

個人的に、5回くらい行ってる店だが、2回くらいは結構高齢嬢が出てきた。
おそらく45~50歳くらいかなって感じ。

人気嬢に行けば外すことはないかもしれないが、注意が必要ではある。

まあ、かなりリーズナブルな店なので、そこら辺はご愛敬で妥協できるところだけどね。



何か質問ありましたら、コメントか問い合わせください。
ではでは。





いつも最後までご愛読頂き、誠にありがとうございます。

ご意見・ご質問がございましたら、コメント欄にお気軽にコメントくださいませ。


注意

このブログ内の記事は、全てフィクションであり、私の妄想上の出来事です。

ご了承くださいますよう、お願い致します。


※ラインで情報交換しましょう※

※パチンコで勝ちたい方見てください※



※ツイッターのフォローもお願いします※
スポンサーリンク
関東風俗
シェアする
ゆきひろをフォローする
全国風俗リアル体験紀

コメント

タイトルとURLをコピーしました