沼津で出会ったイワンコフ

静岡風俗
パチンコ・スロット勝ち方

どうもゆきひろです。

今回は、沼津のデリヘルを利用した時に出会った、ワンピースのキャラ、イワンコフ的風のアタリ嬢の情報です。どうぞお楽しみください。

チェックインまで

決して発展した土地ではない沼津エリアだが、

  • 東京からアクセスが良い
  • 規制の厳しい山梨や長野からのアクセスが良い

という理由から、人口の割にはデリヘルが発展した土地なのである。静岡県の中では、浜松に次ぐデリヘルの盛んな地域ではないかと、個人的には考えている。

ちなみに、静岡の主要土地の静岡市は、夜のお遊びはクソレベルなので、僕はほぼ利用しない。

ホテルに関して

  • 駅周辺
  • 沼津インター周辺

の2択で選べる。インター周辺は車が無いと行けないことから、観光の方は駅周辺で選べば問題ない。

駅周辺のラブホも、選択肢は少ないものの、最近改装されたホテルも多く、大変快適であることから、僕は車あっても駅周辺で遊ぶことも多かった。

逆に、インター周辺は、選択肢は多いが、古いホテルだと結構汚いので、敬遠がち。値段もさほど変わらないしね。

店に関して

今回利用したのは、

【出会って5秒でしゃぶりつく!若妻ギンギン物語】

同店の特徴として、

  • 即尺標準装備
  • コースによってデンマ・聖水無料

などの、ちょっとだけハード店の内容。

若さや容姿で売り出す嬢は少ない代わりに、こういった付加価値で売り出している、面白いお店。料金は安くはないし、出稼ぎ嬢メインになっているが、あきらかなハズレも少なく、個人的にはオススメである。

プレー

僕はとにかくストレスがたまっていた。

毎朝早起きし、仕事に行く日々。
職場では、特に楽しいこともないのに、客にへコヘコし、アルバイトの機嫌を伺い、上司から罵倒される毎日にアキアキしていたのだ。

少ない休日に風俗に行くことが、そんな僕の唯一の生きがい。
発散してやろうではないか。溜まりに溜まったストレスを。

時間より早めにホテルに入室。
お店の指示通り、女性の到着前にシャワーを浴び、全裸にバスローブを羽織り待っている。

【女性到着】

『初めまして。よろしくお願いします。』

現れたのはイワンコフだった。
ただ、ハズレという印象ではなかった。

『お邪魔します。またせちゃってごめんなさい。
電話だけしますね。』

手際よく電話をすませるイワさん。

『即尺させてもらっていいですか。』

名前ばかりの即尺店が多い中、この店は本当に即尺である。
出会って5秒でとはいかないが、1分以内には即尺だから、店名は決して大げさではないだろう。

前戯など不要。ソファーに座っている僕のバスローブの隙間から、早速チンポを取り出し、なんの前ブレもなく口に加えこむ。

チュポチュポ。

優しく丁寧なフェラチオ。チンポの根元に手を添え、口で優しく包み込む。
口の中でも、しっかり舌をチンポにまとわりつかせ、口の中での密着缶を増している。

気持ちイイ。普通にうまい。
そこそこ若い女性にしては十分な技術レベルである。

『ベットに移動しますか?』

セルフでバスローブを脱ぎ、ベッドへ移動。

『私も脱ぎますね。』

僕はベッドで横になりながら、改めて ちいさん の容姿を観察する。

彼女の特徴として、
身長が小さい割に顔が大きく、小太り。(推定65キロくらい?)
顔面レベルでいうと60点くらいかな。持ち合わせたものは悪くないだけに、痩せていれば70点くらい。むしろかわいい方だと思われるのだが、いかんせん、小太りなので、マイナス要因。あと顔面が大きい。

しかし、常に笑顔でニコニコしているし、根っからの人懐っこい性格。風俗嬢特融の偉ぶった感じとかも一切ない。
さらに、服装や髪型もシッカリ配慮されており、クセのある体臭なども一切ない為、清潔感が非常に高い点は評価できる。

まとめると、
長洲小力くらいの小太りが我慢できない方は選ばない方がベター。
小太りが気にならない方にはオススメかな。

ベッドでも同様に、ちくび舐めからフェラ。献身的な彼女の入念なフェラでビンビンの僕に、彼女は問う。

『うつ伏せになれますか?』

彼女の言う通り、うつ伏せになる。

今度は入念な背中の愛撫が始まる。
そして、A舐め。
30歳程度の女性からA舐めを受けるのは珍しい。

一応、店の【無料オプション】にA舐めがあるのだが、こういうの、実際は当てにならないのがほとんどの店。
彼女が真面目なのか、店の教育方針なのか、シッカリA舐めを行ってくれた。

今度は僕が攻める。

キスをしたら、舌を絡ませて応えてくれたが、若干キス嫌いかなという印象。

Eカップの胸はボリュームと弾力が十分にあり、めちゃくちゃ気持ちい。
乳首を舐めるとシッカリ感じてくれる。

どうやら感度の良い女性のようである。

クリも入念に攻めてやると、かなり敏感に感じてくれる。
どうじにマンコもかなり濡れている。

入れていいかと問うと、良いとのことだったので、〇〇でIN。

ギンギンになった僕のチンポを、最初は先っぽだけ挿入し、カリで入り口付近を出し入れする。

かなり感じていると同時に、彼女の中の湿り具合もエスカレートしてゆく。

奥までシッカリ挿入し、彼女の奥にある壁に僕のチンポの先を当ててやる。

奥痛くないかと問うと、
『凄い気持ちい。』

体をよじりながら感じる彼女。

奥が好きなようなので、ゆっくりリズミカルに奥に充ててやると、彼女の感じ方もエスカレートしてゆく。

さらに感じてきたところで、強く激しく突く。

濡れ具合も増していき、クチャクチャと音がなるレベル。

少し体制を変え、ポルチオ周辺も刺激してやると、液が垂れ落ちるレベルになると同時に、膀胱がパンパンに膨れ上がり、僕のチンポが圧迫されてゆくのがわかる。

それを無視して、ピストンを続けると、チンポが濡れた感触。
ハメ潮吹きながら感じていた。

僕は潮が好きではないが、そんな彼女に威容に興奮し、イッタ。

本当に淫乱な女であった。

ベッドでクターっとしている僕に、甘えるようにすり寄ってくる彼女。

お掃除フェラをしながら、僕の下半身の処理をしてくれる。

彼女の胸を揉みながら世間話をしていると、早々に起ってきたので、再度フェラしてもらい、挿入。

2度目は、1度目よりさらに長く、激しく突いてやると、彼女も更に激しく吹いた。

ベッドかなり濡れた。

繰り返しになるが、本当に淫乱な女だ。

少し世間話をし、シャワーを浴びる為に浴槽へ。

洗ってもらっている最中も、勃起してしまったので、彼女を後ろ向きに立たせ、立ちバックで射精。

着替えて終わった。

まとめ

普段から、複数回イクことが少ない僕だが、今回は3回も射精してしまった

普段だと、女性に気を使ってしまって、あんまり自分本位にプレーできないのが、その原因なのだが、彼女の場合、そんな僕に気を使わせない配慮や気遣い。そして本気で淫乱であり、彼女自体がプレーを楽しんでいたこと。

これらが重なり、僕は3回もイってしまった。

彼女の去り際、
『3回もイってエッチだったねー』

と、本心から喜んでいた。(そう見えた)

文中でも述べたが、ビジュアルがそこまで良くない彼女だが、それを補っておつりがくるくらい、

  • 性格が良く、清潔感がある。
  • 献身的なプレー
  • 根っからの淫乱女性

という特徴があり、僕自身も非常に楽しめた。

あと、日記にも書いてあるから書いていいと思うけど、普段は昼間に普通に仕事してるんだよね。
話を聞くところによると、関東のまあまあシッカリした大きい会社らしい。

そういった観点でも、そこら辺の世間舐めてる系ギャルとは一線を画しているのが、彼女の特徴。

非常に楽しめました。オススメです。

【出会って5秒でしゃぶりつく
 若妻ギンギン物語沼津】





いつも最後までご愛読頂き、誠にありがとうございます。

ご意見・ご質問がございましたら、コメント欄にお気軽にコメントくださいませ。


注意

このブログ内の記事は、全てフィクションであり、私の妄想上の出来事です。

ご了承くださいますよう、お願い致します。


コメント

タイトルとURLをコピーしました