𠮷原、川崎ソープ 比較

関東風俗


関東の2代遊郭といえば、吉原か川崎か。どちらも、ソープランドを中心とした、お遊びどころが軒を連ねる。

ソープランドで遊ぼうと思った時、値段帯もアクセスも、どちらも良好なので、どちらで遊ぼうかと迷う方も多いと思う。

本日は、各遊郭の特徴をまとめてみたいと思う。

𠮷原ソープランド

【特徴】

現在、100件程度のソープランドが存在。

最寄駅の、日比谷線三ノ輪駅から歩いて20分程度で、アクセスとしては良いとは言えないが、大抵のお店が車で送迎を行ってくれるので、予約の際に送迎の有無を要確認。

スキン着用店と、ノースキン店が混在。店もしくは女性によって違ってくる。

建物自体は古い店が多く、条例によって改装などもできない模様。部屋も、6~8畳程度のスペースに、ベットとシャワー室がついている。

東京を代表するソープランドが多数存在

川崎ソープランド

店数は吉原の半分程度かな。

堀之内と南町という2つのブロックのに分かれており、2つの町の総称を川崎ソープ街と呼ぶ人が多いが、どちらかというと堀之内の方が綺麗で有名な店が多い。

最寄り駅はJR川崎駅もしくは京浜川崎駅。ソープ街までは歩いて15分程度かな。

こちらも送迎があるが、安い店はない店もあるので要確認。

基本的にノースキンの接客は禁止されているので、全店スキン着用の接客となる。


が、中には暗黙の了解的な店もあるので、店に問いてみれば教えてくれるだろう。(教えてくれなければ、スキン着となる)

𠮷原と比べ、綺麗で部屋の広い店が多い。
高級店ともなると、8畳くらいの部屋が2部屋くっついたような構造になっており、1部屋がベットルーム、もう1部屋がシャワールームとなっている店も少なくない。兎に角豪華賢覧。

料金に関して

どちらの地区もピンキリではあるが、総額で概ね2~8万円くらいの間であることが多い。

どちらのソープ街の方が高いとかも得になく、高級店に行けば高いし、安い店に行けば安い。

となると、あとは選択肢の多さという部分になると思うが、これに関しては吉原に軍配が上がるかなというのが個人的な意見です。

女性に関して

これも同様にピンキリで、比較のしようがない。

僕の経験上の話をすると、川崎は基本的にノースキンなので、モデル系のキレイなお姉さんが安心で安全に接客を行うという感じ。

逆に吉原に関しては、ノースキン嬢も多数おり、嬢それぞれに何かしらの覚悟をもって仕事をしている感じ。
若い子から、年配まで幅広く網羅されている印象。

まとめ

嬢の質、値段は大体同じようなものなので、比較が非常に難しい。

店数が多いので、吉原の方が選択肢が多いというメリットがある一方、プレイルームが狭くて古いので(掃除はしっかりされているのでそこは安心だが)広々した部屋でプレイしたいのであれば、川崎といった感じ。

次回から、川崎ソープの体験談も載せておあげていきますので、どうぞお楽しみに。


まとまりがない感じですみません。




いつも最後までご愛読頂き、誠にありがとうございます。

ご意見・ご質問がございましたら、コメント欄にお気軽にコメントくださいませ。


注意

このブログ内の記事は、全てフィクションであり、私の妄想上の出来事です。

ご了承くださいますよう、お願い致します。


コメント

タイトルとURLをコピーしました